日本の心 2017-01-07

🐓皆様、新年あけましておめでとうございます🐓

年々1年が過ぎるのを早くなっていると感じている

『✨草場✨』です 😎 ✨

 

 

今年のお正月は暦に恵まれず、例年より短い冬休みだった方も

多いのではないでしょうか❣❓

 

みなさんは、お正月いかがお過ごしになられたでしょうか❔❓

 

私はと言いますと、子どもがクリスマスくらいから、ずっと咳風邪をこじらせていて 😥 

年末年始でひどくなっていたので、家族そろって寝正月で過ごしていました💤

例年ですと、元日に挨拶周りをしながら、三社参りをしに行きます

 

みなさんは、三社参りをする意味などはご存知ですか❔

三社参りの由来については諸説あり、はっきりしていないようで、

元々朝廷が伊勢神宮、石清水八幡宮、賀茂神社の三社に奉幣し、これが庶民にも三社詣でる風習として広まった、という説と、

もともとは先祖代々の守護神である氏神様、出生地の守護神でありその人の一生の守り神である産土神様、現在住んでいる地域の守護神である鎮守神様の三つの神様に挨拶をする意味で三社詣でていた、という説が一番有力みたいですね🎍

 

三社参りは3つの神社を一日で回る、午前に行くなど様々なルールが地域によってあり、

どの神社を回るかは決められておらず、例えば氏神、産土神、鎮守神を3つそれぞれ回るなど、地域によってしきたりも細かく決められている地域もあります🎍

 

氏神(うじがみ)というのは集落に住む人が信仰をする神様のことです😍

産土神(うぶすながみ)は自分が生まれた場所にいる守護神のことです 😀 

鎮守神(ちんじゅがみ)は氏神や産土神を総称するもので、より広い区域を守るために祀られた神様のことで、土地や建造物などを守護する 😆 

 

これらを回ることで自分の地域、生まれ育った場所に対して挨拶をすることが出来るのです。

三社参りは西日本の限られた地域にしかない監修なので、東日本の人には馴染みのない風習です 🙄 

 

 

そもそも、三社参りは、福岡を中心として九州各地で行われてきている風習のようです

福岡では、太宰府天満宮、筥崎宮、宮地獄神社が一番有名ですね

佐賀は、祐徳稲荷神社、唐津神社、宝当神社

長崎は、諏訪神社、松森天満宮、伊勢宮天満宮なのですが、地域によっては中川八幡、八幡町(現本河内)の水神神社の五社参りをされる方もいらっしゃるみたいですね

大分は、春日神社、宇佐神宮、八幡朝見神社

熊本は、阿蘇神社、疋野神社、弊立神宮

宮崎は、宮崎神宮、青島神社、鵜戸神宮

鹿児島は、一之宮神社、鹿児島神社(二ノ宮神社と言われていました)川上天満宮のなかにある三ノ宮神社
現在では、三社参りをされるより、五社参りの風習の方が浸透しているそうです(・ω・)ノ

 

 

各地域で、有名な神社、神宮はあると思いますが、特に決まり事はないので、お住まいの近くのや、行きたい所にいって、今年の抱負なんかを聞いてもらうのもいいのではないでしょうか❓

 

 

 

 

 

 


 

サンテ整骨院グループ
サンテインターナショナル整体カレッジ 受講生募集中 随時入学可
 

ランキングに参加してます。励みになるので2つとも1クリックお願いします!

 

1にほんブログ村ランキングへ

 

2整骨・接骨ランキングへ

No comments

Comments are closed.