寒い夜には電気毛布でぽっかぽか 2016-12-19

こんにちわ 😆 店屋の渡辺です✨

 

毎日寒い日が続きますね 😥 💨

お風呂に入ってぽかぽかになって、よし寝よう!とお布団に入った途端、布団がひや~っと冷たくて、なかなか眠れない 😥 💦そんなことはないですか❣❓

 

 

そんな時におススメなのは、🌸電気毛布🌸です!

電気の力でお布団がぽっかぽか💕寒くて寝られない、なんて事はもうなくなります 😀 

 

しかし、電気毛布って体に悪いんじゃないの❓

そうお思いの方に、正しい電気毛布の使い方をお伝えします‼👌

 

 

電気毛布が体に悪い理由①

人工的に体を暖め続ける事で、体温調節機能が働かなくなる、という理由があげられます。使い続けると体が誤解をしてしまうのです。

人の体は眠っている間には自然に体温が下がります。起床時と同じくらいの体温のままだと疲れが取れないため、体の調節機能が働いて、体温を下げようとするからです。ところが、電気毛布を使ったままだとこの調節機能が万全に働かないため心拍数も下がらず、就寝しているのに疲れが取れないということに繋がるのです。

 

 

電気毛布が体に悪い理由②

身体が温かくなり過ぎる点にあります。
電気毛布は一定の温度で温まり続けるので、身体が温まりすぎることが間々あります。そういう場合、脱水症状を引き起こす危険性もありますので、電気毛布を一晩中使用するのは控えたほうがいいでしょう。

 

以上2点が、電気毛布が体に悪い理由です。

 

 

では、電気毛布は使わないほうがいいのでしょうか❣❓

いえ、そんなことはありません✋正しい使い方さえ気をつければ、寒い冬を乗り切る強い見方になってくれるのです✋

 

 

 

電気毛布が体に悪いといわれる最大の理由は、「体が本来持っている体温調節機能を損なってしまい、結果、抵抗力が衰えていく」というものでした。

 

 

なので、「✨①タイマーのついている電気毛布を使用する✨」

タイマーのついている電気毛布を使用することで、温まりすぎることなく適度な時間で使用することが出来ます。

 

 

また、「✨②お布団を暖めるためだけに使用する✨」

寝る前に電気毛布でお布団を暖めておき、お布団に入るタイミングでスイッチを切る。これで暖かく寝れる上に、体温が上がりすぎることもありません。

 

 

 

冬本番、そろそろ雪も降ってきそうです😭

冬の準備を整えて、暖かくお正月を迎えましょう☻🎶

 

 

 

サンテ整骨院 渡辺

 

 

 

 

 

 


 

サンテ整骨院グループ
サンテインターナショナル整体カレッジ 受講生募集中 随時入学可
 

ランキングに参加してます。励みになるので2つとも1クリックお願いします!

 

1にほんブログ村ランキングへ

 

2整骨・接骨ランキングへ

No comments

Comments are closed.