膝下の内側の痛み【鵞足炎】 2017-02-28

こんにちは。

明日からはもう3月ですね🌸お昼間もだいぶ暖かくなり、コートを腕にかけている方を見かけることが多くなったように感じます🌞

 

 

本日は、スポーツをされている方で時々いる鵞足炎についてご紹介しようと思います 🙂 

 

まずは鵞足(がそく)について

膝の内側にはハムストリングスや内転筋などの筋肉、縫工筋、薄筋、半腱様筋が付着しています。この筋の集まりを後方から見るとガチョウの足に見えることから、鵞足と呼ばれています。

 

よって、鵞足に炎症が起こっている状態が鵞足炎です。

 

原因 

ランニング、ステップなどの方向転換、ジャンプ動作による繰り返しが主な原因となっています。

また、体を動かしていなかった人が急に長距離走ったりすると炎症が起こることがあります。

 

症状

初期の症状としては膝の内側から膝下にかけて痛みや違和感が出てきます。

また鵞足部に腫れや熱感を伴うことも多々あります。

始めのうちは階段の上り下りや走ると痛みが出ることが多いのですが、次第に何もしていない安静時にも痛みが走ります 😯 

 

治療

初期の痛みに対してはまずはスポーツを中止し、安静にすることです。また痛みがひどい時は冷却(アイシング)や圧迫をしながら安静にします。

痛みが少し引いてきたら太ももや鵞足に関連する筋肉にストレッチやマッサージを施します。

また痛みが長く続いている慢性的なものにはアイシングより、ホットパック等で温熱療法を施す方が有効的です 🙂 

 

 

鵞足炎の根本的な原因は膝の使いすぎ(オーバーユース)によるものです。

運動前や後にはしっかりストレッチをし、良くない姿勢や動作フォームを改善しましょう💪

またX脚も鵞足炎の原因となってくるので、その時は足底挿板を入れてみても良いかもしれません🌟

 

 

暖かくなると運動しようかなと思う方が増えてくるかと思います。

運動をしていて体に不調を感じましたらいつでもサンテグループにお越しください🎶

 

 

 

天神整骨院 伊藤でした。

 

 

 

 


 

サンテ整骨院グループ
サンテインターナショナル整体カレッジ 受講生募集中 随時入学可
 

ランキングに参加してます。励みになるので2つとも1クリックお願いします!

 

1にほんブログ村ランキングへ

 

2整骨・接骨ランキングへ

No comments

Comments are closed.