膝周辺の痛み 2016-09-09

 

夏バテせず、猛暑の夏を乗り切った博多駅東の桑原です☀

 

とは言っても、 体の疲れは、今から顕著に現れるみたいです❣

みなさん、ご自愛ください 😀 

 

 

 

さて、患者さんの施術症例です。

 

30代女性、Iさんの膝周辺の痛みについてですが

問診にて、

階段の昇降時のみ、左の脛骨粗面外側付近に痛みがあり

運動や、何かに膝をぶつけた等の外傷性はありませんでした。

 

 

 

また、来院前、X線やMRIでの異常はなかったとのことでした。

 

視診では、左右の差や熱感なし、
触診では、膝周辺の圧痛や膝蓋跳動もみられませんでした。

膝周辺の疼痛誘発テストも行い

 ・前方、後方引き出しテストによる前・後十字靱帯損傷なし(-)

 ・内反、外反ストレステストによる側副靭帯損傷なし(-)

 ・マックマレーテスト、アプレーテストによる半月板損傷なし(-)

 

 

脛骨粗面外側付近に痛みがあるとのことで、

患部の組織代謝促進、血流改善のため

まず、アストロンにて、

電気刺激と超音波のコンビネーション治療を10分行いました。

 

アストロン⇩

 

次に、大腿筋膜張筋やハムストリングスの緊張がみられたので

重点的にもみほぐしとストレッチを行いました。

 

 

 

仕事柄、デスクワークとのことで、座っている時間が長く、

また、普段から運動なども特にしていないとのことでしたので、

大腿の筋力バランスがうまくとれておらず、

現状の痛みにつながっているものと考えます。

 

 

 

数回の施術にて、まだ痛みは残るものの、

上記の筋の緊張は軽くなってきており、

今後、運動や筋力強化の指導も含め施術を続けていく予定です。

 

 

この様な症状意外にも、気になることがあれば

博多駅東整骨院にご来院ください♪

 

 

 

 

 


 

サンテ整骨院グループ
サンテインターナショナル整体カレッジ 受講生募集中 随時入学可
 

ランキングに参加してます。励みになるので2つとも1クリックお願いします!

 

1にほんブログ村ランキングへ

 

2整骨・接骨ランキングへ

 

No comments

Comments are closed.