整骨院の保険診療についての考察

整骨院の保険診療に関しての私の考察です。

先生方は整骨院の保険を、
『使わせてもらっている』
と考えていますか?

 

それとも、
『使って当然で、当たり前の制度だ』
と考えていますか?

 

ここが柔整師と医師の意識の差になります。

 

本来健康保険は医療機関の為ではなく、患者さん(国民)が少ない負担で医療を受けられるよう、患者さんの為の制度なのです。

そして整骨院は制度を使用することを認められた施設なのです。

国民からの要望があって整骨院は保険が使えるようになっているのですから、保険は使えて当たり前の制度であり、財政難だから柔整の保険適用を廃止するよというのは許されないことです。

 

『使わせてもらっている』という意識の柔整師がそこそこいる為、整骨院の保険が廃止になってもしょうがないなという雰囲気が業界に蔓延してます。

 

非常に嘆かわしいことです。

どうしてそこまで柔整自身を卑下するのですか?

謙虚になるのはいいですよ。しかし卑下する必要はありません。

確かに柔整は医科に比べれば、資格取得までの勉強時間は短いです。

しかしもともと活躍するフィールドが違うのですから、勉強時間に差があるのはあたりまえです。

柔整はおのれのフィールドで切磋琢磨していけばいいだけです。

 

『慢性疾患を捻挫と偽って保険請求しているし…』
という声も聞こえます。

たしかに痛いところですが、柔整師の判断権もあるのでそこは気にしなくてもいいと思います。

若干開き直り感がありますが、保険者もそれに関しては何も口出しできないはずです。

 

医師・歯科医師以外の医療従事者の資格で、健康保険がこれだけ自由に使える資格は柔整師以外にはありません。

その資格に誇りを持って保険請求しましょう。

 

 

 

 

サンテ整骨院グループ
サンテインターナショナル整体カレッジ 受講生募集中 随時入学可
 

ランキングに参加してます。励みになるので2つとも1クリックお願いします!

 

1にほんブログ村ランキングへ

 

2整骨・接骨ランキングへ

No comments

Comments are closed.