緊急ニュース

保険請求の改定があるようです!

 

 

内容は下記の様になります。

 

算定基準の見直し
(1)多部位請求の適正化
 ①4部位目の給付率の見直し
  33%→0%
 ②3部位目の給付率の見直し
  80%→70%

 

(2)技術料の見直し
 後療料(打撲・捻挫)470円→500円(+30円)

 

(3)その他の適正化事項
 <算定基準関係>
 ①3部位目以上の請求は部位毎に負傷の原因を記載する。
 ②領収書の無料発行を義務付ける。
 ③明細書については希望する者に発行するよう義務付ける(実費徴収可)。
 ④骨折・脱臼の医師の同意に関する記載は施術録と同様に、申請書の適用欄に
も記載することとする。
 ⑤支給申請書に施術日の記載を義務付ける。
 <その他>
 ⑥不正等があった場合に施術管理者だけでなく、施術所の開設者の責任につい
ても問えるよう受領委任の取扱い関係の通知の改正を行う。

 

 

実施時期

 平成22年6月1日
 〔(3)①~④及び⑥については平成22年9月1日〕
 〔(3)⑤については平成23年1月1日〕

 

 

だそうです。

問題点は、三部位請求をすると負傷原因を全部書かないといけなくなることですね。
非常に面倒…。
まあ、多分レセコンが対応するとは思いますが。

 

三部位目を請求しないとなると、保険収入分は25%ダウン。

 

請求金額が200万で平均請求部位数が2.7の繁盛イケイケ整骨院は、
三部位なしだと請求金額が約150万…。
頑張って負傷原因を書かなきゃ、飲みに行くお金がなくなる。
実際に下がる金額を目の当たりにすると、身震いがしますね。

 

 

今回は手間をかければ収入が変わらないから、まだマシな方なんでしょう。完全に値下げになったら、涙が出そうです。

 

 

今のうちに副収入を確保しとこう…。

 

 

 

 

 

サンテ整骨院グループ
サンテインターナショナル整体カレッジ 受講生募集中 随時入学可
 

ランキングに参加してます。励みになるので2つとも1クリックお願いします!

 

1にほんブログ村ランキングへ

 

2整骨・接骨ランキングへ

No comments

Comments are closed.