税理士の選び方

今まさに確定申告の時期ですが、皆様いかがお過ごしですか?

 

さて、今日のテーマは税理士の選び方です。

税務署

 

 

「税理士なんてみんな同じじゃん!」

なんて声が聞こえてきそうですが、実際はぜんぜん違います。

まずは顧問料。ピンからキリまでです。

だいたいお任せコースで、月に1.5万円くらい。決算書作成で10万くらいですかね。

年間で25~30万くらいに収まっていれば、顧問料としてはバランスがいいと思います。

 

 

そして試算表の作成が定期的に行われているか。

 

これはある時期までの決算書みたいなものですが、やはり経営判断の材料として半年に1回、できれば3ヶ月に1回見たいものです。

 

税理士さんが早々に作成して送ってくれると助かるのですが、マンパワーの低い税理士事務所だと遅くなりがちで、迅速な判断が阻害される可能性があります。

自社で経理担当者を雇えない零細整骨院がほとんどだと思いますので、なるべく力になってくれる税理士を顧問として雇いたいものです。

最初から雇う場合はもちろん、既に雇ってしまっている場合でも、しっかりコストパフォーマンスの高い税理士かどうかを確認してください。

 

税理士も過当競争の時代に入ってきまして、いろいろなサービスが行われるようになってきています。

 

 

 

サンテ整骨院グループ
サンテインターナショナル整体カレッジ 受講生募集中 随時入学可
 

ランキングに参加してます。励みになるので2つとも1クリックお願いします!

 

1にほんブログ村ランキングへ

 

2整骨・接骨ランキングへ

No comments

Comments are closed.