経営分析  -離反率-

こんにちは。

サンテ整骨院グループ総院長の鶴田です。

 

 

昼夜の寒暖差にやられて風邪気味です。皆様もくれぐれもご注意下さい。

 

 

前回は新規患者数が伸びても新患維持率に反映できていないのは非常に勿体ない、

というお話をしました。

今回はその新規患者数に対して離れてしまった患者さんの割合を表す『離反率』のお話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

患者離反率は、前々月に来ていた患者さんが前月に来ていない割合を表します。

これは少なくとも1ヶ月は整骨院を離れてしまった人を示し、

ダイレクトメールや状態確認の患者を抽出するのに有効な指標になります。

離反率は少ないほどいいのですが、一般的に30%が目安になります。

 

 

3院とも30%を上回ってしまっていますね。

特にB院は直ちに手を打ちたいところです。

各院で各スタッフ、コツコツ努力するしか方法はありません。

 

 

これからは整骨院も顧客管理(CRM)システムを導入していく時代です。

・患者さんがどれくらいの割合でリピートしてくれているのか?
・そして月の平均通院回数はいくつなのか?
・どれくらい整骨院のファンになってくれているのか?

 

 

『やわら』を導入すれば以上のことなどが手に取るように分かるようになり、これからの整骨院経営判断の大きな指針になることが断言できます!

 

 

 

整骨院経営の羅針盤となる 『やわら』 にご興味の方は、下記をクリックしてください。

URL http://yawara-keiei.org/yawp/

 

 

 

 

サンテ整骨院グループ
サンテインターナショナル整体カレッジ 受講生募集中 随時入学可
 

ランキングに参加してます。励みになるので2つとも1クリックお願いします!

 

1にほんブログ村ランキングへ

 

2整骨・接骨ランキングへ

No comments

Comments are closed.